About us

私たち

佐藤 鉱治
 
名古屋生まれ名古屋育ち。
20代中頃までは、
音楽大好き、バンドでライブ、インドアな日々を送る。
 22歳の時に偶然手にした雑誌でテレマークスキーと出逢い
その後、突然アウトドアに目覚める。
 自然の中で動く、食べる、聞く、寝る...
という事に魅了されていく。
 山暮らしを体験して信州に憧れ、
30歳を目前にペンションオーナーを決意。
 今に至る。
 
 薪の管理、デザート、アクティビティ担当。
 
滑る甘党
パティシエテレマークスキーヤー。
 
 
 
 
・日本テレマークスキー協会公認指導員
・日本山岳ガイド協会
   登山ガイドステージⅡ/スキーガイドステージⅠ
・長野県認定山岳ガイド信州登山案内人
・長野県山岳総合センター
   2009年度リーダーコース課程修了
・SIAステージⅠ
・赤十字救急法救急員

 
 

かおる
 

登山を始めて、最初に登ったのが八ヶ岳。
赤岳に登頂した時に観た、みごとな雲海!
 
将来住むなら八ヶ岳が望める所がイイ!
がその頃から口癖に...。
 
20代から、たまたま始めたパン作り。
 大学卒業後、たまたま就職した先がワイン会社。
 
知らぬ間にペンションを始める準備の道に進む。
 そんな出逢いの先にコロモデができました。
 
皆様も、コロモデで「何かと...」素敵な出逢いを。

 
 
 
 

旅が好き*海外旅行は:韓国・台湾・香港・シンガポール・バリ島・タイ・カンボジア・ヴェトナム・フィリピン/セブ島・トルコ・ヨルダン・シリア・ドバイ・エジプト・ギリシャ/サモス島、サントリーニ島・イタリア・フランス・イギリス・スコットランド・オーストラリア・ニュージーランド・グアム・アメリカ/シアトル、ロサンゼルス、サンフランシスコ、モントレー

 

 
 

ロゴ

 
  
 

ふたつの重なり合ったハートに冠を載せて、Colomodeの「C」で包んだもの。モチーフにしたのは、スコットランドの「Luckenbooth(ラッケンブース)」というお守り。古くは、いたずら好きな妖精から守るといわれ、子供が生まれた時にチャームを贈っていたそうです。
今では、愛を運ぶチャームとして信じられ、デザインも色々とあります。2人でスコットランドに行ったときに見つけました。
 
私たちも、重なり合ったハートに、「コロモデで素敵な出逢いがありますように」という思いを込めてこのロゴを作りました。

 
 

 
 

”ゲストハウス”と名付けたワケ 

 
ゲストハウスと言うと、
B&Bやバックパッカー宿のイメージがありますよね。
でもコロモデは夕食のある宿です。
私たちは美味しい料理を食べたり、
美味しいワインを飲むのが大好きです。
もちろん美味しい料理を作るのはもっと好きです。 
 
 
 

 
 
ではなぜゲストハウスかと言うと、
私たちは若いころ世界のいろいろな国を旅しました。
そして旅先でよく泊まったのがゲストハウスでした。
 

 
 
 
 
旅先のそこは、
その日にあったことを思い出したり、
次の日は何処に行こうか考えたり、
 
 

 
また、色々な人に出会ったり、
旅の疲れを癒す為ぐっすり眠ったり、
良い思い出のある場所でした。
 

 

 
私たちが、想い感じたそんな旅先の楽しい場所に、
『コロモデもなりたい。』という思いからのゲストハウスです。
 
人情味の溢れる温泉民宿、
旅人の匂いがプンプンするバックパッカー宿、
展望の素晴らしい伝統あるホテルのスィートルーム、
朝日が眩しかった砂漠のテントホテル、
敏腕フレンチシェフのオーベルジュ、
 
私たちが今までたくさん泊まってきた色々なスタイルの宿。

その素敵な宿の思い出を『コロモデ』で表現したい。
そんな『ゲスト』のためのハウスです。
 
 
コロモデでゆっくり食事をして、
ワインを飲みながらその日の出来事を語り、
翌日の旅の続きを想い描きながら休んでいただく。
そんな時間を過ごしていただけるよな場所でありたいです。